【人生を変えるTED】優れたリーダーはどうやって行動を促すか 〜サイモンシネックが提唱するゴールデンサークル理論〜

今回は人を動かす時に役立つTEDをご紹介します。

 

 

 

このTEDでは、アメリカのモチベーションスピーカーであるSimon Sinekが「人を動かす時には、理由から始めよ」というメッセージを、ゴールデンサークルという図で説明しています。

 

偉大で人を動かす人や組織は、全てこの理由から伝える伝え方をしており、多くの人は出来ていないことをしています。

 

Simon Sinekは例として、Appleやマーチン・ルーサー・キング、ライト兄弟を挙げて説明しています。

 

ゆってぃ
僕もこれを見て、人を説得するときや意思決定の時は何故?を自分に問いかけています。

 

ゴールデンサークルとは何か

 

ゴールデンサークルとは、Simon Sinekが考案した以下のような図の名前です。

各用語を定義していきます。

 

 

何を?(WHAT)の定義

まず、どんな人であれ、自分が今何をやっているのかを説明できるでしょう。つまりWhatの部分です。

 

ゆってぃ
例えば、今僕は大学に通って経済学を学んでおり、空いた時間でブログを書いています。

 

今自分が何をやっていて、何者なのかを説明出来ない人はなかなかいないでしょう。

 

どのように?(HOW)の定義

Whatを答えられる人、すなわち、何をやっているかを答えられる人には、それをどうやっているか(How)も答えられる人が多いです。

 

ゆってぃ
例えば、週2で大学に行って授業を受けて、ブログはパソコンで自身が経験した就活のことや、自己啓発に関して書いています。

 

つまり、Whatの部分を具体的にどんな方法で行なっているか、ということです。

 

何故?(WHY)の定義

WhatとHowが答えられる人でも、それを何故(Why)やっているかを答えられる人はなかなかいません。

 

何の為に?何を目指しているか?

 

ゆってぃ
僕が何故大学に通って授業を受けているかと言われれば、咄嗟に出てくる答えは「卒業する為」かな…。

 

しかし「卒業する為」というのは、大学に通った後の単純な「結果」です。

 

ここでは「結果」ではなく「目的」が大事なのです。

 

 

何か組織で属している人は、

何故その組織が存在するか?何の為に働いているか?

答えることができるでしょうか。

 

 

内側から外側(INSIDE OUT)が大事

多くの人の伝え方は、What➡︎How➡︎Whyの順番で外側から内側の流れです。

 

何故なら、明確なものから話したがるからです。

 

しかし、優秀な組織のリーダーは得てして、このゴールデンサークルの内側から話し始めます。

 

つまり内側から外側、INSIDE OUTが大切なのです。

 

 

Appleなら以下のように説明します。

 

 

 

Appleのやることは全て、世界を変えるという信念の元やっています。(WHY)

世界を変える手段は、美しくデザインされ、親しみやすく、簡単に使える製品です。(HOW)

こうして生まれたのが、Appleのコンピュータなのです。(WHAT)

 

 

単にコンピュータの紹介から始まって、性能が示され、Appleの理念を説明されるより、かなり興味が出てきませんか?

 

これがINSIDE OUTで説明するということです。

 

WHYから始める根拠

心理学ではなく生物学

ゴールデンサークルの理論は心理学的に聞こえるかもしれませんが、実は生物学と対応しています。

 

以下の図を見てください。

 

ゴールデンサークルのWHATからWHYの部分が、人間の脳の各機関と対応しています。

 

WHATが人間の一番新しい部分でホモ・サピエンスの脳で、大脳新皮質と対応しています。

 

合理的で分析的な思考、さらに言語を司る部分です。

 

対して、HOWとWHYの部分は人間の大脳辺縁系と対応しています。

 

ここは、人間の感情・信頼・忠誠心などを司り、人間の行動を決定する部分です。

 

しかし、言語は司っていません。

 

 

行動を促す為には大脳辺縁系を刺激しろ

 

大脳辺縁系は人間の行動を意思決定する部分を司ります。

 

ここを刺激しないと、人に行動してもらうには難しいのです。

 

どれだけ良い商品で機能性が抜群なものを自分にオススメされても、何故か買わない時がある。

 

その理由は「なんとなく」でしょう。

 

それは、人の意思決定を司っている大脳辺縁系が、言語を持たないからです。

 

つまり人を動かす時にまずやるべきなのは、脳の内側から直接コミュニケーションすること

 

言語や行為によって、外側の部分は後から理由づけできます。

 

仕事を求める人、お金を求める人を雇うのではなく、自分の信念や価値観に共感してくれる人を雇うのです。

 

 

自分のゴールデンサークルを考える

今回はこのTEDをご紹介しましたが、確かに〜と思って終わりでは意味がありません。

 

ゆってぃ
自分の生活にどんどん応用していきましょう!!

 

その1つとして、自分のゴールデンサークルを作ってはいかがでしょうか?

 

自分は何故これをやっているのか?何の為にやっているのか?内省してみてください。

 

個人的には、WHYを繰り返し「自分は何の為に生きているのか?」の答えまでたどり着けたら、文句なしだと思います。

 

その答えがあなたの生きる意味になります。

 







ABOUTこの記事をかいた人

ゆってぃ

大学生活ラスト2ヶ月| 3歳で両親が離婚・19歳で母親を失う▶︎1人で生きる力を身につける標的ブロガーに▶︎去年の夏に挫折するも1月から再開←今ココ|人間関係や心理学について発信中|【目標】社会人になるまでに月収5桁|【夢】家族も大切にできるお父さん