【人生を変えるTED】ハーバード史上最長75年間の研究で分かったこと。人生で最も大事にすべきは「人間関係」だった!

こんにちは!

今回は、僕の価値観を大きく変えてくれたTEDを紹介したいと思います。

このTEDは、ハーバード史上最も長期間に渡って人を追跡しているハーバード成人発達研究の研究結果をもとに、Robert Waldinger教授が人間関係に関する3つの大きな教訓について話しています。

ゆってぃ
これを就活が本格的に始まる前の時期に見て、本当に良かったです!!

 

人間関係に関する3つの教訓

①周りとの繋がりが人を健康にする

まず一つ目は、家族や友達など、周りとの繋がりが健康に良い影響をもたらすということです。繋がりが多い人ほど、少ない人よりも幸せで健康という研究結果が出ているらしいです。

ゆってぃ
孤独は確かに健康に悪そうだ…!!

 

 

インターネットの登場とSNSの広がりによって、人と人が繋がることは容易になりました。しかし同時に、スマートフォンによって人は孤独になりました。この研究の対象になった人の時代は、今ほどネットが普及していませんが、現代を生きる我々こそ、この教訓をより紳士に受け止めるべきではないでしょうか。

 

②身近な人との関係の質が重要である

しかし、どれだけ繋がりが多く増えても、孤独な人は孤独なのです。つまり、ここで重要な人間関係のポイントとは「身近な人との関係の質」なのです。友達の数やパートナーの有無ではないのです。

 

ネット上ではTwitterやInstagramでフォロワーの数ばかり増やしたりリアルの世界では人脈を広げた人は価値が高いという風潮があります。

 

しかし、重要なのはその繋がりが本当に質の良いものなのか、だということをこの研究結果から学ぶことができます。肩書きだけの関係、表面上だけの関係はかえってあなたを不幸にしているかもしれません。

ゆってぃ
友達はいるけど、その内、悩みを相談できる人って何人だろう?

 

③良い人間関係は脳も守ってくれる

良い人間関係とは、何かあった時に頼れる人がいる、ということです。それを自分で理解して実感している人の記憶は、80代になってもしっかりしているらしいです。

 

 

Robert Waldinger教授は、パートナーとの関係でこのことを説明していますが、この関係になれる人は友人でも家族でも良いと思います。重要なのは、その人に頼れると思うこと。

ゆってぃ
その為にはまず、自分も相手から頼られる人間にならないとな…!!

 

これを見て就活観が変わった

価値観の擦り合わせを最優先に

就活を始めたての頃、右も左も分からない僕が企業を見るポイントは

初任給、勤務地、ネームバリュー、休みの多さなど、表面的なものばかりでした。

 

しかし、そういった基準で選んだ企業に入社して、果たして「良い人間関係」は作れるのだろうか?

 

ゆってぃ
絶対作れん!!!!!!!

 

 

それからは、自分の価値観や考え、夢や目標を自己分析で言語化し、面接ではそれの擦り合わせに注力するようになりました。

企業選びでもそれを優先し、僕の就活はガラリと色を変えました。

でも不思議と、こっちの方が楽しいんです。

 

 

きっと、同じ価値観の企業を受けるので、自然と話に共感してくれて盛り上がったからですね。

ゆってぃ
全然話わかってくれない人もいたけどね!!!

 

社会人になれば生活の大半を過ごすことになる職場。

できれば価値観に共感してくれる良い人間関係を築く場にしたいですよね。

 

 

「市場価値高めるべき」論からの脱却

意識高い就活生が面接で絶対に1度は言う言葉

「市場価値を高めていきたいです」

ゆってぃ
俺も何回言ったことか…

僕はこの風潮があまり好きではありませんでした。

 

何故ならこれには、富や名声の為に若いうちから動こうぜ!的な意味が入っていると感じていたからです。

ゆってぃ
これが就活生が疲弊する1つの要因でもあると思っている。

決して今僕が全く市場価値高めたくないと思っている訳ではありません。

 

大切なのは「誰の為に?」ということです。

自分の富や名声の為に苦しみながらも働いて、市場価値高めた先に何があるんだろう?

もっと言うと、大金持ちで有名人になってしまった後は何がしたいんだろう?

そう考えると、行き着く先はRobert Waldinger教授が言ったことと同じです。

 

僕と「良い人間関係」を築いてくれている人達の為です。

ゆってぃ
富や名声を求めて終わる人生より、大切な誰かの為に生きる人生の方がかっこいいな。

 

 

【自己紹介】19歳で母を病気で失って、人生が変わった大学生のお話。

2019年6月1日

まとめ

今あなたが周りの目を気にしたり、人と比べたりして疲弊していたら、あなたが頼れる人を思い浮かべると良いかもしれません。その人が多ければ多いほどあなたはきっと幸せな人生を送るはずです。

就活でもそうです。競争意識を煽られ、必ず疲弊する時が来ます。そんな時にもこの研究を思い出して欲しいですね。

ゆってぃ
俺も良い人間関係作っていこう!!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆってぃ

大学生活ラスト2ヶ月| 3歳で両親が離婚・19歳で母親を失う▶︎1人で生きる力を身につける標的ブロガーに▶︎去年の夏に挫折するも1月から再開←今ココ|人間関係や心理学について発信中|【目標】社会人になるまでに月収5桁|【夢】家族も大切にできるお父さん