【人間関係を円滑にするためのコツ】絶対に忘れてはいけないのは1つだけ

こんにちは、人間関係について発進している大学生ゆってぃ(@yuttiieee)です。

 

あなたは人間関係に悩んだことはありますか?

「毎回、上司にビクビクしたくない」

「妻の顔を伺うのは疲れた」

そういった人も多いと思います。

 

 

僕は現在大学生ですが、これまでの人生でいろんな人間関係に悩んできました。

親子関係、友人関係、部活での上下関係、職場(アルバイト)での関係、時には恋愛関係などなど。

 

人間関係が円滑ではない時に僕がやっていた対処法は以下の2つです。

「相手に期待するより自分が我慢すればいっか…」

「自分だけよければいい。相手のことは知らない」

このような対処をされる人は多いかと思います。

どちらか一方が我慢して、その瞬間だけことなきを得る。

 

 

この対処法をしていた僕は、その後も信頼できる深い人間関係を築くことはできませんでした。

しかし僕は今、たくさんの人と信頼できる人間関係を築くことに成功しています。人生で初めて親友もできました。人間関係は円滑になっていると自信を持って言えます。

 

意識しているコツはたった1つだけです。

 

あとはそれを日々実践➡︎改善の繰り返しです。

誰でも簡単に人間関係を円滑にするためのコツを、事例と共に紹介しようと思います。

 

うまくいかない原因は人間関係の対立

「人間関係が円滑になっていない」状態とは「自分と相手になんらかの対立が起きている状態」と言えます。

 

そして人間は、この対立を解くためにあの手この手を使います。

大体の人は僕が過去にしていた2つの間違った対処法をやっているでしょう。

 

①「相手に期待するより自分が我慢すればいっか…」
➡︎相手を立てて、自分が苦しいパターン

②「自分だけよければいい。相手のことは知らない」
➡︎自分を立てて、相手が苦しいパターン

 

もしこれで、対立が解けたとしても、どちらかが苦しい思いをしてしまいます。その後の関係にモヤモヤが残るのです。

理想的な対立の解き方は「お互いがハッピーな状態で終わること」ですよね。

 

欲求を明確にして対立を解く

少年A
「でもそんなの理想論じゃないか…」

皆さんの心の声が聞こえます。

 

お互いにハッピーな状態で人間関係の対立を解く唯一の方法は「自分の欲求を明確にすること」です。

自分と相手の欲求を明確にして、お互いが納得できる解決策を探っていく。これこそが人間関係を円滑にするためのコツです。

 

 

具体的にどういうことか。ここからは日常生活で起きそうな親子関係の事例をもとに説明していきます。

 

高校生の息子とその親がいます。

息子は友達と夜に遊びに行くことを伝えると、親は「未成年が夜に出歩いてはダメ!」と激情してきました。まだ18時ですよ?

 

さて、この時の2人の欲求を整理しましょう。

息子「友達と遊びに行く」
➡︎欲求:友達と遊びたい

親「未成年が夜に出歩いてはダメ!」
➡︎欲求:息子をコントロールしたい、安心したい

 

ではこの2人対立を解く解決策は何があるでしょうか?

例えばこのようなものがあるでしょう。

・息子が遊びに行く場所・帰る時間を親に伝える
・事前にこの日遊びに行くことを親に伝えておく
・息子が遊びに行く時間を早める
・親が我慢して黙認する

 

あとはもう簡単です。

この中で、2人が1つ1つ解決策を評価していけばいいのです。

我慢したくない、遊びに行く時間を早めたくない、だからこれにする、といったような話し合いが可能です。

冷静に話し合った結果、解決策は

・息子が遊びに行く場所・帰る時間を親に伝える

に決まりました。

 

お互い納得のいく形で対立を解くことができましたね。

もしここで、息子が我慢して友達との予定をキャンセルしたり、親が我慢して息子を許したりしたら、モヤモヤが残っていたことでしょう。

人間関係の対立が起きた時こそ「自分の欲求を明確にすること」が、誰にでもできる簡単な解き方なのです。

 

対立が起きることは悪いことじゃない

大前提として、人間関係の対立が起きることは悪いことではありません。

人間は1人1人性格も、育った環境も違います。むしろ対立が起きることは当たり前のことなのです。

そこで対立をそもそも起きないようにするのではなく、対立をうまく解く方が人間関係が円滑になると思いませんか?

 

 

「自分の欲求を明確にすること」

これは簡単なようですごく難しいものです。

僕も意識し始めたばかりで、日々失敗の連続です。

でもこれを意識したことで、人間関係に悩むことへの恐怖が減りました。

人間関係に悩んだ時、怒りや不安があると思いますが、落ち着いた時に自分の欲求を探ってみると、心が晴れるかもしれません。







ABOUTこの記事をかいた人

ゆってぃ

大学生活ラスト2ヶ月| 3歳で両親が離婚・19歳で母親を失う▶︎1人で生きる力を身につける標的ブロガーに▶︎去年の夏に挫折するも1月から再開←今ココ|人間関係や心理学について発信中|【目標】社会人になるまでに月収5桁|【夢】家族も大切にできるお父さん