【バンドワゴン効果とは?】口コミやSNSで人の心が動かされる行動心理学を解説!

ゆってぃ
みんなが持ってるもの欲しくなるんだよな〜

ゆってぃ
それ、バンドワゴン効果だよ。

 

こんにちは。ゆってぃです。

今回は口コミやSNSなどによる「社会の流行」で物事を判断してしまう人間の心理効果「バンドワゴン効果」について解説していきます。

 

この記事に書いてあることバンドワゴン効果の解説と日常に潜むバンドワゴン効果

 

バンドワゴン効果とは?

TwitterやInstagramでバズった商品やレシピなど、全然興味のないものでも気になって調べた経験ってありませんか??

実はバンドワゴン効果の1つなんです。

ある選択肢を多数が選択している現象が、その選択肢を選択する者をさらに増大させる効果。 ーWikipedia

 

長々と書いていますが、バンドワゴン効果とは「世間の流行などを頼りに意思決定してしまう心理効果」ということです。

 

似たような心理効果で、不利な立場にある人を応援したくなる心理効果「アンダードック効果」というのもあります。

 

世の中に溢れるバンドワゴン効果

実は、日常のいろんなシーンでバンドワゴン効果は使われています。

事例① 選挙の「最有力候補」

選挙活動において、有権者が候補者を選ぶ際にバンドワゴン効果は大きく働きます。

「最有力候補」や「〇〇優勢」などの情報を有権者が仕入れると、その候補者に票が集まりやすくなるのです。

これはバンドワゴン効果によって、世間がこの候補者を支持している、ということを有権者にアピールすることで票を獲得する典型的な例です。

事例② SNSや口コミによる「おすすめ」

バンドワゴン効果はSNSや友達間の口コミの中でも多く発生します。

SNSで話題になった商品を興味もないけど「世間で流行ってるから」という理由で調べてみたり、見てもないドラマを友達におすすめされて見てみたりと、日常的にバンドワゴン効果が使われています。

お店に出来る「行列」もその1つでしょう。全然知らないお店でも行列があれば「多くの人に人気で流行ってるからおすすめ」されている気分になり、ついつい気になってしまいます。

こういった心理効果を利用したマーケティング手法もありますね。

事例③ 人気のある人を好きになる

恋愛に多いのかもしれませんが、みんなから人気のある人を好きになってしまうということもバンドワゴン効果の1つです。

たとえ自分のタイプでなくても、みんなからの人気が凄いと「たしかに良いかも」となり好きになってしまう、ということです。

周りの評判が自分の意思決定に影響している典型的なバンドワゴン効果の例ですね。

 

バンドワゴン効果のまとめ

 

  • バンドワゴン効果とは、世間の流行など周りの評判で意思決定してしまう心理効果
  • バンドワゴン効果は日常の様々なシーンで扱われている

 

バンドワゴン効果に騙されないよう気をつけます!

お金の無駄遣いしないようにね!







ABOUTこの記事をかいた人

岡山県に住む21歳の大学生。就活やライフハック系の記事を書いています。時々イベントレポートもやってます。19歳の時に母を病気で亡くし、人生が変わった男。今目の前の人を大事にすることの大切さを発信していきたい。座右の銘は「彼女第一」